ホテヘルの仕事内容とは?お給料や求人の探し方と併せて徹底解説!

ホテヘルは風俗の一つです。高収入をと考えた時、風俗はとても魅力的なジャンルですが、いろんな種類のお仕事があるので、それぞれの違いがよく分からない方も多いのではないでしょうか。

ホテヘルについても何をするのか、他の風俗とどう違うのか分からないという方が多いようです。

そこでこのページではホテヘルの仕事内容について、詳しくご紹介していきます。

目次

ホテヘルってどんなお仕事?

ホテヘルとは、「ホテルヘルス」が正式名称です。

ホテルにて、ヘルスのサービスを行う風俗です。

正式名称からも分かるように、線引きとしてはヘルスのラインまで。本番行為は提供されていません。

しかし、これだけではまだまだどのようなお仕事なのかよく分からない方も多いことでしょう。

そこでホテヘルの仕事内容をさらに詳しく解説していきましょう。

ヘルス・デリヘルとの違い

ホテヘルの仕事内容は、ホテルでのヘルスサービスだとお伝えしました。

「ではデリヘルとどう違うのか」と思った方もいることでしょう。

基本的なサービスはヘルスで、ホテルにて提供するシステムは、デリヘルと同じものです。

しかし、ヘルスとデリヘルは大きく異なる点があります。

それはお客の受付システムです。

デリヘルの場合、電話、近年は店舗によってはwebサイトやメールからの受付にも対応している業者も登場していますが、いずれにせよお客側は派遣してもらう場所にて女の子を待ちます。

この手軽さがデリヘル人気の理由の一つですが、ホテヘルの場合、お店で受付を行います。

そして受付後、ホテルまで女の子と一緒に足を運び、ホテル内でサービスを受けます。

ホテル・自宅などの派遣場所で待機していればよいデリヘルに対し、一度店舗まで足を運び、ホテルまで移動するのがホテヘルです。

ヘルスやデリヘルとは、サービス内容は同じですが、店舗でサービスを提供するヘルス、店舗まで足を運ぶことなく派遣先で待ち合わせるデリヘル、一度店舗まで足を運び、一緒にホテルまで足を運ぶホテヘルといった違いがあります。

ホテヘルのメリット

ホテヘルの仕事内容はなんとなく分かっていただけたのではないでしょうか。

そんなホテヘルで働くメリットとして、まず挙げられる点として「事前にお客を確認できる」点です。

デリヘルの場合、お客は基本的に電話で受付を行います。そのため、お客の姿は分かりませんが、ホテヘルはお客が一度店舗まで足を運びますので、どのようなお客なのかを判断できます。

もしもですが、危険なお客だなと思えばお店側が利用をお断りしますし、個人的に難しい場合にはその場でお店のスタッフにNGを出すこともできます。

デリヘルのように、「顔の分からない相手のところに行く」ではなく、どのようなお客なのか、事前に判断・選択できます。

また、ホテヘルはあくまでもホテルでのプレイです。

デリヘルの場合、ホテルだけではなく自宅派遣可能なお店もありますが、働く女の子にとっては、お客の自宅に足を運ぶことに抵抗・不安・恐怖を抱くこともあるでしょう。

盗撮されているのではないか、閉じ込められたらどうしよう…といった不安はつきものですが、ホテヘルの場合、お客の自宅に足を運ぶことは絶対にありません。

他にも店内ではなくホテルでのプレイになるので出勤制限がない点や、基本的にホテヘルはホテル街の近くにあるので、いざという時にはスタッフがすぐに足を運んで対応します。

ホテヘルのデメリット

ホテヘルのデメリットとして、まず挙げられるのがホテヘルそのものの数が少ない点にあります。

また、ホテヘルは区分としては「店舗型」となることから、営業時間は多くが0時までなので、デリヘルのように0時過ぎまで働くことはできません。

歩いてホテルまで移動する点も、女の子によっては「面倒」「疲れる」といったデメリットとなるでしょう。

特に移動に関しては、サービスタイムに含まれません。基本的にホテルまで徒歩数分程度の位置にあるホテヘルが多いですが、その数分も面倒だと感じる場合もあるでしょう。

ホテヘルのお給料の仕組み

ホテヘルのお給料体系はヘルスやデリヘル同様、歩合制です。

お客が支払う金額の中から、基本料金をお店と女の子で折半。

オプション、指名料は全額女の子のものとなります。

基本料の折半割合はホテヘルによって異なります。

ホテヘルのお給料相場は?どれくらい稼げる?

ホテヘルは仕事内容はどの業者も同じですがお給料に関しては店舗によって折半割合(バック率)が異なり、基本的に50%~70%の範囲内となっています。

お店の雰囲気だけではなく、同じお店でも女の子のランクによってバック率が異なる所もあります。

バック率をベースに、オプションや指名料が加算されることになります。

ホテヘルの料金はデリヘルとさほど変わらない所が多いですが、回転率はデリヘルよりも高いとされています。

そのため、サービス料15,000円のお店で4人から指名を受けた場合、バック率60%と仮定すると1人お客の相手をすることで9,000円。

それが4人で36,000円。指名やオプションを踏まえると、40,000円以上は稼げるでしょう。

もちろん働く時間によって異なりますし、月収として出す場合には1週間のうち、どれだけ働くかによっても変わります。

ホテヘルの仕事内容!流れを解説

ホテヘルの基本的な仕組みは何となく分かっていただけたのではないでしょうか。

次は実際の仕事内容の流れをご紹介します。

ヘルスやデリヘルとは異なる部分もありますが、全体的な流れはほぼ同じです。

出勤から待機

まずはお店に出勤します。

この点は他の風俗と同じです。風俗はどのジャンルもお客にサービスをするものなので、お客が入るまでは待機となります。

待機場所はホテヘルによって異なりますが、デリヘル同様私服で待機します。

お客さんと一緒にホテルに向かう

お客さんが入ったら準備を整え、お客さんと一緒にホテルまで歩いて移動します。

決して難しい行為ではありませんが、実はお給料・人気を左右する部分です。

なぜなら、ホテヘルを利用するお客はホテルまで一緒にあるく時間を楽しみにしているからです。

無言でただ移動するのではなく、ここでどれだけお客と盛り上がれるかでリピート率が大きく変わります。

人気の女の子ともなると、腕を組むなど「移動」ではなく、「デート気分」をお客に与えています。

入室・インコールからタイマーセット

ホテルに到着したら受付です。

基本的にホテル受付は女の子のお仕事です。

部屋に入るとお店に「入った」と連絡し、タイマーをセットします。

つまり、ホテヘルはここからがサービスタイムです。

シャワー

ここからプレイが終わるまでは他の風俗とほぼ同じ部分となります。

まずはプレイ前にシャワーを浴びて清潔にします。

もちろんシャワーの時間もコミュニケーションの時間となりますので、相手に話を振るなどして盛り上げましょう。

プレイ

お客が求めるメインの部分となる「プレイ」です。

先にもお伝えしましたが、仕事内容のラインとしてはヘルスやデリヘル同様、本番行為は無しです。

本番行為以外でお客を満足させましょう。

プレイ後はシャワー

プレイが終了したらシャワーです。

ただし、あまり急かさないよう注意が必要です。

残り時間次第ですが、1度終わったものの、2回目を期待するお客もいます。

2回目をする気がなく、残り時間が少なくなった時にシャワーを促すのは良いのですが、まだまだ残り時間がある段階でシャワーを促すのは控えましょう。

退室・アウトコール

シャワーを終えて着替えたら、アウトコールです。

お店に連絡を入れ「今から出ます」と告げるだけです。

お客との時間はここまでです。

待機室に戻る

待機室に戻ります。

既にお客との時間は終了していますが、お客の足取りによっては途中まで一緒になることもありますが、そこでの会話もリピート率に関わる部分なので適当に楽しみましょう。

また、仮にその日最後のお客だとしても一度待機室に戻りましょう。

ホテヘルで働くにあたってのよくある疑問

ホテヘルの仕事内容について説明させていただきました。

ここまでで、ほぼホテヘルの仕事内容を網羅していますが、ホテヘルのよくある疑問について、答えとともにいくつかご紹介しましょう。

ホテヘルに向いている女の子のタイプは?

ホテヘルが他の風俗と大きく異なる点は、お客と一緒にホテルまで足を運ぶ点です。

この点が苦ではない女の子はホテヘルに向いています。

むしろホテルまで歩く段階で如何にお客の心を掴むかが大切なので、プレイだけではなくスキンシップや会話が苦手ではない女の子は、ホテヘルで高収入を稼げる可能性を秘めています。

他の風俗と比べて私服でお客と接する時間が長いので、私服に自信を持っている女の子にも向いています。

スタッフさんとの距離感は?恋愛に発展することは?

この点に関しては当事者同士の問題としか言えませんが、他の風俗と比べると、スタッフとの距離感はさほど近くはありません。

なぜなら、デリヘルのように移動の車内で二人きりになることはありませんし、いざとなればスタッフがホテルまで足を運んで対応できますが、そのようなケースは稀です。

それこそスタッフと最小限の会話しか交わさない女の子も珍しくありません。

待機時間が長くとも、他の女の子もいますのでスタッフと二人きりで話すシチュエーションはそうそうありません。

それでも当事者同士がなんとなく好意を抱けば距離は縮まりますが、それはホテヘルに限った話ではないでしょう。

ホテヘルの業務だけで考えると、女の子とスタッフの距離が自然と近づく要素は少ないです。

ホテルが近くにない場合は?

ホテヘルはお店からホテルまでお客と一緒に移動します。

他の風俗の仕事内容と大きく異なるホテヘルならではな部分ですが、では近くにホテルがなかった場合はどうするのか。

この点は心配無用です。

なぜなら、ホテヘルの店舗は基本的にホテル街にあるからです。

ホテルまで歩いて10分以上かかるような場所にホテヘルはありません。歩いて数分程度の場所にあります。

また、ホテルが満室だった場合はとの不安はあるかもしれませんが、ホテヘルはホテル側と連携していることが多いので、部屋の状況を確認したうえでGOサインを出します。

そのため、ホテルまで足を運んだのに満室で、さらには他のホテルも満室だらけで部屋が見つからないといったことにはなりません。

生理中でも出勤できる?

ホテヘル次第です。

本番行為がNGという仕事内容を踏まえると、生理中でも可能と言えば可能ですが、その場合下着を身に着けてのお仕事となります。

それでもかまわないという男性がいれば生理中でも働けるのですが、できれば裸でと考えているお客の方が多く、かつホテヘル側もその点を理解していますので、人気が出てくれば生理中でも働かせてもらえるかもしれませんが、入店間もない頃は難しいでしょう。

私服の選び方は?

私服に関しては、お店側からあれこれ言われることはほぼありません。

基本的に自由ですが、キャラクターを設定している場合には、設定したキャラクターのイメージに沿った私腹を選んだ方がお客が喜びます。

例えば可愛い系の女の子のキャラクターであれば、私服も可愛い系の方が良いでしょう。

また、カジュアル系は受けが悪いです。基本的に私服は自由ではありますが、Tシャツ1枚、お洒落ではないシャワーサンダル等は、お客からの受けが悪いです。

あくまでもお客を満足させる仕事で、お客に見られる点を踏まえて私服を選びましょう。

ホテヘルの仕事を探すならここ!おすすめ求人

ホテヘルの仕事内容を覚えたら、次はホテヘルの求人探しです。

そこでホテヘルの求人に強い求人サイトをいくつかご紹介しましょう。

Qプリ

スカウトメールが用意されているので、自ら申し込むことなく、風俗店からのスカウトの中から働くお店を選ぶことができるQプリ。

サイトを見ると、地域から選ぶのみとなっていますが無料登録可能なスカウトメールでは店舗型や派遣型など希望の業種を選んでスカウトを待つことができますので、設定することでホテヘルからのスカウトが届きます。

ぴゅあじょ

全国の風俗求人を掲載しているサイトです。

トップページでは地域のみが掲載されていますが、働きたい地域をタップすると、場所、業種、条件&待遇、こだわり条件での検索が可能になりますので、ホテヘルだけを検索することができます。

求人情報はもちろんですが、実際に風俗で働いている先輩の体験談をチェックできる「先輩の声」が用意されています。

ガールズヘブン

ガールズヘブンはトップページに地域と「出稼ぎ」「店舗型」「人妻店」といったカテゴリーが用意されていますが、ホテヘルをピンポイントで探したい場合、働きたい地域をタップした後、キーワード検索にて「ホテヘル」と入力しましょう。

すると、求人を出しているホテヘルが表示されます。

まとめ

ホテヘルの仕事内容、さらにはホテヘルのおすすめ求人サイトをご紹介させていただきました。

ホテヘルの仕事内容は他の風俗と異なる点もあれば、同じ点もありますが、さほど難しいものではありません。ホテヘルが向いているなと感じた方は、ホテヘルにて高収入を狙ってみてはいかがでしょうか?

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次