ローションや潤滑剤はプレイの幅を広げたり安全性を高めるために使われるラブグッズです。風俗ではローションプレイによく使われますが、個人用に販売されているものを使うことで普通のカップルもプロ並みのプレイを楽しむことができるようになります。また潤滑剤は肉体的な負担を減らす効果も期待できるでしょう。ローションや潤滑剤はオナニーに使うこともできるため、アイディア次第では他にも様々な可能性が秘められています。

ローションや潤滑剤は特殊なプレイ以外にも使い道の多い便利なラブグッズ

投稿日:

ローションや潤滑剤は特殊なプレイ以外にも使い道の多い便利なラブグッズ

ローションや潤滑剤はセックスを盛り上げたり円滑に進めるためのラブグッズです。

一般的にラブグッズとしてのローションや潤滑剤は「ラブローション」などと呼ばれることが多くなっています。

ヌルヌルとした粘液状の物質で、興奮を促進させるような特定の香りがつけられていることもあります。

体にはもちろん無害で体内に入っても安全であることから挿入時に愛液の代わりとして用いたり、精液に見立てて浴びせたりといったさまざまな使い方が可能です。

ラブグッズが見つかるアプリ
  • Beyourlover
    詳細はコチラ
  • Semmion
    詳細はコチラ
  • TENGA(テンガ)
    詳細はコチラ

ローションや潤滑剤の基礎知識

ローションや潤滑剤はラブグッズとしてかなり古くから使われています。

以前は風俗店で使われることがメインで、特にファッションヘルスやソープランドでは大量のローションを使った「ローションプレイ」が大きなウリの一つとなっていました。

こうした風俗店で使用されるローションや潤滑剤は水やお湯で薄めて使うことが前提となっていましたが、近年は家庭用や個人プレイ用のローションや潤滑剤も数多く販売されるようになっています。

こうした個人使用のローションや潤滑剤は薄めずにそのまま使えるように最初から調整されていることがほとんどなので、特に利用に関して知識や技術は必要ありません。

またローションや潤滑剤の主成分は「水溶性ポリマー」と水を混ぜ合わせたもので、これは食品添加物にもよく使われています。

そのため体内に入っても問題はないと考えていいでしょう。

ローションと潤滑剤はラブグッズとしてはほぼ同じ意味を持ちますが、ローションは体をヌルヌルにして楽しむもの、潤滑剤は主に挿入支援に使われるものといった用語の使い分けはされています。

ローションや潤滑剤を使ったプレイ

ローションはさまざまな特殊プレイに使われることでも有名です。

風俗店では主に体を密着させての洗体プレイや、そこから派生するパイズリや素股で大活躍することになります。

通常の刺激に対してローションが加わることで、より滑らかで独特の気持ちよさが生まれるのがローションプレイの特徴ということができるでしょう。

洗体・パイズリ・素股についてはローション未使用時と使用時で刺激の種類がまったく変わってくるため、プレイの途中でローションを追加して新鮮な感覚を盛り上げるといったテクニックも非常に有効になってきます。

またローションプレイを好む人達の間では、特定のプレイではなくエッチの最中はずっとローションまみれでいるということも決して珍しくありません。

互いに大量のローションを全身にまとった状態でセックスを行うのは、溶け合うような感覚があって癖になるという人もいます。

一方で潤滑剤についてはセックスをより盛り上げるというよりも、挿入が上手くいかない場合にサポートするといった使い方がメインとなってくるでしょう。

ローションや潤滑剤を使う際の注意点

ローションや潤滑剤は水やお湯で簡単に洗い流すことができますが、独特の匂いについてはかなり長く残ってしまうことがあります。
大量のローションや潤滑剤を使ったあとはシャワーをしっかり浴びておかないと、独特の匂いを垂れ流しながら行動することになってしまいます。

特にラブホテルなど外でローションプレイを楽しんだあとの帰り道には気をつけておく必要があるでしょう。

また当然ながら誤って服にローションがついてしまった場合は、よく洗って匂いを抜いておかないと大変なことになります。

大量のローションを使ってプレイに夢中になっていると、部屋の中にローションが飛び散ってしまうことがあるので要注意です。

挿入のサポートに潤滑剤を使った際は大抵ベッドのシーツが汚れてしまうので、ラブホテル以外であまりそういう痕跡を残したくない場合には慎重になっておきましょう。

ローションや潤滑剤の匂いをさらに消臭剤や芳香剤でごまかすというのは、匂いが混ざり合って余計に目立つ恐れがあるためあまり推奨できません。

ローションや潤滑剤を1人エッチで使うには

ローションや潤滑剤はセックスだけでなく1人エッチの際にも利用することができます。

男性の場合はオナホールとの組み合わせで、よりリアルな挿入感を作り出すことができる点がローションや潤滑剤の大きな魅力といえるでしょう。

特にオナホ用として売られているローションや潤滑剤の中には特定の女性の匂いを再現したものがあるなど、オナニーの幅を広げることに非常に役立ってくれます。

女性のオナニーにおいてもローションは精液を再現するラブグッズとして活躍します。

またバイブを挿入する際には潤滑剤はほぼ必須といっていいでしょう。

腟内を傷つけることを避けるためにも、潤滑剤は必ず使っておくようにするのがおすすめです。

またお風呂場で全身をローションまみれにすることで気分を高めて、より深く1人エッチの世界に没入するという効果も期待できます。

場合によっては服を敢えてローションで汚して特殊な興奮を得るといった使い方も考えられるでしょう。

ローションや潤滑剤についてのまとめ

ローションと潤滑剤は性生活をさまざまな形でサポートしてくれるラブグッズの一種です。

風俗店では主に洗体プレイやパイズリプレイ、素股プレイなどをさらに盛り上げ新たな刺激を生み出すために利用されています。

パートナー同士のセックスでもプロと同じような高度なプレイを手軽に行う助けとなるため、マンネリに悩んでいるカップルはローションプレイに挑戦してみる価値はあります。

また逆に初心者カップルで挿入が上手くいかない場合には、潤滑剤を使うことでセックスがスムーズに進む可能性もあります。

潤滑剤に関しては挿入のハードルを下げるという意味で、たとえ不要な状態であっても敢えて積極的に使っておくことでいろいろな恩恵を受けることもできます。

女性の側からすると潤滑剤を使ってもらうことでセックスに対する心理的にも肉体的にも楽になるという部分もあるので、なるべく普段から潤滑剤のお世話にはなっておいた方がいいでしょう。

他にもローションには1人エッチの幅を広げるといった利用法もあるため、使い方はアイディア次第ともなっています。

ラブグッズが見つかるアプリ
  • Beyourlover
    詳細はコチラ
  • Semmion
    詳細はコチラ
  • TENGA(テンガ)
    詳細はコチラ

以上、【ローション 潤滑剤】セックスからオナニーまでの利用範囲が広い…でした。

  • この記事を書いた人
yuka

yuka

結婚前から既に不倫してた人妻。今の不倫相手は4人目。束縛されない関係性が理想。最近はラブグッズにハマり中。ちなみに旦那とは月に2回する。

-ラブグッズ

Copyright©2018~2023〔最新12月版〕All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.